ホームへもどるボタン

文字サイズ

背景色の変更

025-283-3331

自然科学館について

施設概要

新潟県立自然科学館 外観

新潟県立自然科学館は、科学全般を遊びながら学ぶことができる参加・体験型の総合科学館です。展示場は、「自然の科学」「生活の科学」「不思議な広場」「新潟県の移り変わり」の4つの展示エリアがあり、屋外展示場とプラネタリウムを備えています。
詳しくは、PDFファイルにてご覧いただけます。

敷地面積 36,656m²
建築面積 7,346.8m²
延床面積 15,314.9m²
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造 地上3階 地下1階建

施設概要(PDF:4.19MB)

沿革

新潟県立自然科学館は、新潟県の立県100年を記念して、県民の自然科学に関する教養を高め、県民文化の向上に寄与するために建設され、1981年に開館した科学館です。

新潟県立自然科学館 建設の様子
昭和54年 (1979) 10月26日 建設工事起工
昭和56年 (1981) 7月4日 館建物完成
11月1日 開館
昭和58年 (1983) 8月26日 入館者50万人達成
昭和59年 (1984) 9月20日 プラネタリウムによる学習投映開始
昭和61年 (1986) 8月14日 入館者100万人達成
平成3年 (1991) 3月7日 入館者200万人達成
平成6年 (1994) 8月19日 入館者300万人達成
平成11年 (1999) 1月10日 入館者400万人達成
平成14年 (2002) 11月4日 入館者500万人達成
平成18年 (2006) 11月3日 入館者600万人達成
平成23年 (2011) 2月10日 入館者700万人達成
3月19日 プラネタリウム投映機リニューアル
平成26年 (2014) 12月7日 入館者800万人達成

資料・情報

現在準備中です。今しばらくお待ちください。