Jan/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
紋切り遊びで「雪の結晶」をつくろう!
雪の結晶は、まるでお花みたいに可愛い形をしているって知っていますか?

まさに雪の華ですね。

そんな雪の結晶を、紋切り遊びでつくってみましょう!
(紋切り遊びは江戸時代から親しまれている切り紙遊びです。)

◆作り方◆
正方形の紙を折ります。



裏返しにして、折ります。


模様を描きます。

線にそって切り、広げます。



すると、雪の結晶のできあがり!

雪の結晶は基本的に六角形です。
そのため、今回の折り方で作るとうまくできますよ♪

「どんな模様を描いて良いかわからない・・・」

そんなあなたは、当館の1階にある新潟県の移り変わりのコーナーへ!
壁に雪の結晶の模様がありますので、参考にしてみてください。
紋切り遊びを本やインターネットで調べてみてもいいですね。

雪が降ってきたら、本物の雪の結晶を参考にして作ってみましょう!

(インタープリター・須佐)
20/Jan.2017 [Fri] 18:17
今だけ!雪だるま登場!
みなさんこんにちは。
ふと屋外展示場を見ていたら…

雪だるまがいました!!
誰が作ったのでしょうか…!?

とても大きいです!一緒に写真をとってもOKです♪
※私の身長は約153cmです。

雪だるまに会いたい方は,お早めに!
すぐにとけてしまうかも…!?

(インタープリター・にこやか個装)
15/Jan.2017 [Sun] 13:40
「新春ネイチャークラフトフェア」こけ玉作り
子供から大人まで大人気!
◆こけ玉づくり◆

用意された土玉

こけ玉に植えたいアイビーの株選び

土玉に植えたら軽くにぎにぎ

こけのシートを下からくるむように・・・

最後に糸でしっかり巻き付けたら、完成です!

09/Jan.2017 [Mon] 12:29
科学館日記 : comments (0) : trackback (x)
「新春ネイチャークラフトフェア」
新潟市は朝から明るい日差しで始まりました。
そして、科学館では昨日から「新春ネイチャークラフトフェア」が始まっています。

◆三葉虫の化石発掘体験◆




約4億5000年前の三葉虫の化石が見事に現れました!

◆どんぐりキャラクターでスノードーム作り◆
雪だるまに表情をつけて、どんぐりキャラクターもかわいく仕上げ、
配置を決めます。

液体を準備して、

キラキララメを選んで、

こんなに素敵に出来ました!

08/Jan.2017 [Sun] 11:36
科学館日記 : comments (0) : trackback (x)
今年の主役!!
明けましておめでとうございます。
新しい年が始まりましたね。そこで今回は干支にまつわるお話です。
今年の干支は「酉」(ニワトリ)ですね。
「ニワトリ」と聞いて思い浮かべるのはこんな感じでしょうか?

<出典:http://www.city.nagoya.jp/ryokuseidoboku/page/0000042946.html>

これはイタリア原産の「白色レグホン」という品種で白い卵をたくさん産んでくれます。
なんと日本で流通している卵の約80%が白色レグホンの卵だそうです。
このニワトリたちのおかげでおいしい卵が食べられるのですが、
私が今回紹介したいのは「蜀鶏(とうまる)」という品種です。
「蜀鶏」は新潟県原産の日本鶏*で「日本三大長鳴鶏」のひとつに数えられ、
力強く張りのある声が特徴とされています。
その声から「バリトンの蜀鶏」とも呼ばれ、
最長で23秒も鳴き続けたことがあるそうです。
(他は高知県の「東天紅(とうてんこう)」、秋田県の「声良(こえよし)」)
この「蜀鶏」は天然記念物にも指定されていて、
よく見るとくちばしまで黒く体も大きい男前なニワトリです!!
見た目からもいい声が出そうな感じがしませんか?

<出典:http://www.ari.pref.niigata.jp/chikusan/news/H17/005/H17_005.html>

残念ながら最近は原産地の新潟県でさえも飼育数が少なくなっているようで、
私もまだ剥製でしか見たことがありません。
いつかその素晴らしい鳴き声と長鳴きを競ってみたいものです。

トリについてはニワトリに限らず心配なニュースがが聞こえてきますが、
今年は主役ですので科学館共々どうぞよろしくお願いします。

(普及/T)

*日本鶏…元々は中国大陸や東南アジアが起源だが輸入され数百年以上の月日を経て
改良・固定された日本固有の種のこと。
06/Jan.2017 [Fri] 18:45